Oranda Originals: オランダ芸術のギフトショップ

フィンセント・ファン・ゴッホはポスト印象派に属していたオランダ出身の画家であり、西洋美術史において最も大きな影響を及ぼした画家のひとりである。一流の作品を多く残し、この世を去った。 

 


約10年の活動期間中、フィンセント・ファン・ゴッホは860もの油絵を完成させた。大胆な色使いや表現力豊かな筆致で知られている風景画・静物画・肖像画・自画像など多様な種類の絵画を残した。貧困や精神病が最終的に彼を自殺に追い込んだ。

 


2018年、アムステルダムにおいて開催されたファン・ゴッホと日本展

 

レンブラント・ファン・レインやパブロ・ピカソと違い、フィンセント・ファン・ゴッホは天才などではなかった。描画に関して受けた教育は乏しく、畑などで描くときはいつもパースペクティブを持参したと言われている。描いたものに満足できない場合は、4回も同じ絵画を描きなおした時さえあったという。すなわち、ゴッホは独学で描画を学んだと言っても過言ではない。

ゴッホの芸術における現実味こそが多くの鑑賞者の心に響く理由であると思われる。オランダの貧しい百姓やベルギーの勤勉な鉱夫への同情を示し、宣教師へのみちを進むことも考慮したことがあるという。彼を一生支持した弟のテオ・ファン・ゴッホは芸術に専念するように勧めた。画家としての人生において、ゴッホは出生地のニューネンから、南フランスのアルルまで、次第にヨーロッパの南に向かって移動した。南への移動とともに、彼の作品が北ヨーロッパにいたときの比喩的な、暗い作品から、表現力の高い、カラフルな抽象画へと変化した。

 

Afbeeldingsresultaat voor potato eaters van gogh wikiart
「ジャガイモを食べる人々」 (フィンセント・ファン・ゴッホ, 1885年)

 

ヨーロッパの芸術の中心だったパリに1886年に移動してから、彼と同じく印象派に属してい画家たちとその考え方に接触する機会が一段と増えた。パリにおいて、新しいスタイルの絵画に挑戦し、世界中で知られている筆致を身につけていった。しかし、スタイルが変わったと言っても、彼に最もインスピレーションを与えていたものは自然であった。ゴッホは当時ヨーロッパで人気を集めていた日本美術にも共通点を見出した。日本の浮世絵を通して、ゴッホは作品を抽象化することやよりふんだんに色を使うようになった。

 

Afbeeldingsresultaat voor japonaiserie wikiart
「日本趣味」 (フィンセント・ファン・ゴッホ, 1887年)

 

ゴッホの旅は、彼が想像する日本に近い場所とみなしていたプロヴァンスにあるアルルまで続いた。南フランスにおいて、彼の作品に最後の変化が加えられた。それは太陽光のまぶしさだった。ここにいた期間は2年間に過ぎなかったものの、この期間ゴッホは絶えず筆を持っており、彼の作品がもっとも花開いた期間だったと言える。アルルにおいて、向日葵のシリーズを含め、最も名高い作品を仕上げた。この2年間、ゴッホは弟のテオの経済的支援や道徳的支援をなくして、画家として生活を継続することができなかった。

 

 
 「ひまわり 第四版」 (フィンセント・ファン・ゴッホ, 1889年)

  

世間に画家として十分に認識されていなかったため、自信を持てなかったが、それでもゴッホは描き続けた。精神科病院に入院していた期間も、ゴッホは自然の栄光を描き続けた。退院後、弟のテオの近くにいられるように、パリの付近にあるオーヴェル・シュル・オワーズに引越した。二か月間、厳かな風景画を含め、様々な作品を描いた。

 

フィンセント・ファン・ゴッホはうつ病にかかり、37歳の時に逝去した。悲しみにくれた弟のテオは半年後亡くなり、二人はともにオーヴァーの墓地に葬られた。ゴッホは頻繁にテオと手紙を交わしていたため、ゴッホからの手紙は彼の画家としての人生がどのようなものだったのかを鮮明に語っている。

 

Afbeeldingsresultaat voor Wheatfield under Thundercloud
 「荒れ模様の空の麦畑」(フィンセント・ファン・ゴッホ, 1890年)

 

「生計をたてられるぐらいに画家として成功できたらどんなに良いものか。複数の作品を仕上げても一つも売れたことがないことを考えると、やはり心配してしまう。でも、すぐに謝った判断を下さないでほしい。」テオ宛の手紙からの抜粋 1889年

 


ゴッホについてもっと知りたい方は以下のゴッホ美術館の案内をご覧ください: 
Meet Vincent - An Introduction to Vincent van Gogh (字幕付き)

ゴッホはどのように日本の美術に感化されたかについて知りたい方は下のウェブページをご覧ください: 
Comparison of Van Gogh's œuvre with that of Hiroshige.

ゴッホの絵画を見に来ませんか:

Van Gogh Museum Amsterdam または Kröller-Müller museum 

 

検索した商品は見つけられませんでした。

Powered by Mijndomein