Oranda Originals: オランダ芸術のギフトショップ

ロイヤル・デルフトとは唯一、現在も存続している17世紀にたてられたオランダの陶器工場である。17世紀はオランダの「黄金時代」と呼ばれており、ヴェルメールやレンブラントなど名高い芸術家もこの時代の出身である。工場の元の名前は「Porceleyne Fles」であったが、1919年に王室との親密な関係を表す「Royal 」という言葉が加えられた。

 

「Original Blue Royal Delft」の商品はすべてオランダの黄金時代から続いている伝統や技術に基づいて職人の手で描かれ、作られている。独特の商標によって「Original Blue Royal Delft」の商品であることがわかる。

 

ロイヤル・デルフトの以前の商標をもとに設計された新しい商標である。1879年に再びデルフトブルーの工場生産を決定した当時の社長であるヨースト・トーフトの頭文字が載っているフラスコが表されている。

 

ロイヤル・デルフトの生産工程。粘土から完成した商品まで。

 

 

花瓶に手で模様を描いている絵師

 

1980年の三笠宮崇仁親王による工場への訪問

 

日蘭交流400年を記念するお皿

1600年4月19日に臼杵の港に到着した「リーフデ号」というオランダの商船が描かれている。

 

 

 ロイヤル・デルフトについてもっと詳しく知りたい方は このビデオをご覧ください

デルフトを訪れる機会のある方は、「Royal Delft Experience」をおすすめします。 

 

検索した商品は見つけられませんでした。

Powered by Mijndomein